面倒くさがり屋の火災保険選び!大手から商品を探そう

http://www.krebswegweiser.info/火災保険は医療保険や生命保険の次くらいにメジャーな商品です。賃貸物件であっても補償を受けられるのですが、おそらく大半の人はマンションや一戸建ての「購入」により、加入を検討するものだと言えるでしょう。

そのため万人受けする商品とは決して言い切れないのですが、それでも補償額が大きいということでバリエーションも豊富です。損害の種類や補償額の上限、保険料によって選ぶべき商品も変わります。よって細かく調べていくと、保険に詳しい人でも見聞きしたことのない商品すらあることでしょう。

しかし、これから火災保険について調べていくのであれば、まずは大手民間会社の取り扱う人気商品の比較から始めてみることをオススメします。比較というと手の込んだ作業だと思われがちですが、大手は5~6社程度ですので【こちらのWebサイト】を活用すれば30分もかからず人気火災保険の比較ができるでしょう。

火災保険であっても、いつかは見直し作業をすることになると思いますので、面倒くさがり屋の人は大手の扱う商品から選んでみてもいいでしょうね。もちろん基本補償を補う形で「特約」についても最低限、調べておく必要はあると思いますが。

今回は参考までに【火災保険大手6社を徹底比較】というサイトを紹介しましたが、保険そのものに関する情報や選び方についてもコラムが掲載されていますので、きっと役に立つと思います。

カテゴリー: 保険 | コメントをどうぞ

生命保険に関する比較サイトは詐欺?上手な利用方法

生命保険を比較する目的で、保険会社や商品を比較している専門サイトの利用を検討しているなら、その考えは危険ですので止めた方がいいです。なぜなら比較サイトの運営者は主に個人が多く、宣伝目的でホームページを開設している場合が、昨今では非常に多いからです。

つまり加入者のためにコンテンツを用意しているのではなく、自分(運営者)のためにランキングなどを掲載しているということです。よって操作された情報に惑わされないためにも、安易に比較サイトを利用すべきではない!ということですね。

しかし生命保険に入ろうと思った場合、自分1人の力では決められないかもしれません。そういった時には、比較サイト(業者)を比較しているサイトを探した方がいいでしょう。あまりピンと来ない人のために、1サイト紹介しておきますね。

それが【生命保険比較サイトを利用しよう!(こちら(生命保険の参考ホームページ))】です。要は資料請求や見積もり、無料電話相談といったサービスを提供している会社の案内をしているサイトということです。

こういった比較サイトでは、サービス提供会社のウリを詳しく知ることができますので、場合によっては数日でベストな加入先が見つけられるかもしれません。中には店舗を構えている会社もあるため、近隣の相談窓口へ実際に質問などで来店することもできるでしょう。

都心部などにある大きな商店街では、時たま飲食店や雑貨屋に挟まれて「保険の●●」といった店舗がありますよね?今回紹介したサイトでは、そういった比較する時に便利なサービスを提供している会社をピックアップしていますので、活用してみると良いでしょう。

カテゴリー: 保険 | コメントをどうぞ

どの学資保険がいいの?悩んだときに知りたいサイト

子どもが生まれたあとに、誰もが一度は考える「学資保険」
今から少しづつ積み立てていくことで、将来子どもの進学時にまとまったお金が入るという保険です。
子どもが私立に通いたいと言ったときのために、大学進学のために、入学準備金として。
いろいろな理由で、学資保険に加入する人は増えてきています。

しかし、ただの積立型の保険なら自分で貯蓄していけばいいのではないか?と思いますよね。
間違いではありませんが、学資保険は加入しているとメリットがたくさんあります。

加入する保険のプランにもよりますが、多くの学資保険はもし加入者が死亡した場合、支払いをしなくても満期になると保険金がもらえるという設定になっています。
例えば父親が死亡しても、その後の支払いは免除され、満期になったときに保険がおりると言うことです。
このように、もしものときを考えて加入する人も増えてきています。
また、子どものケガや入院時も保障してくれるタイプのものもありますから、子どものことを考えて加入する人もいますね。

学資保険に入りたい!と思った時、どこの保険会社がいいか悩みますよね。
そんなときは>こちらのホームページを見てください。
学資保険は元本割れにも注意しなくてはいけません。
支払った保険料より受取金が少なくなっては損をしてしまいますからね。
こちらのホームページにはそのような注意点やおすすめ学資保険がランキングで紹介されています。
加入を検討しているなら、ぜひ知っておいて損はないですよ。

お子さんの将来のために、ランキングを参考にしっかりと学資保険を選んでください。

カテゴリー: 子育て事情 | コメントをどうぞ

生命保険料控除の対象となる保険の種類と申告メリット

生命保険に加入している場合、保険料控除の申請を通じて支払うべき税金(所得税や住民税)の額を減らすことが可能です。また平成24年1月1日からは、新制度のもとで控除額を計算することとなります。よって以下の項目に該当する場合には、税金の支払額を軽減できますので、申告のし忘れがないように注意しましょう。

●一般生命保険料控除
●個人年金保険料控除
●介護医療保険控除

さて、簡単に生命保険料控除について触れましたが、実際に申告する立場になると初めて疑問に思うこともありますよね。また日本では大半がサラリーマン家庭ですので、悩みの種も似たようなケースだったりします。【生命保険料控除の申告をしましょう!】というサイトでは、よくある控除に関する質問集が数点掲載されていますので、活用してみるといいでしょう。

また控除によるメリットや申告のし忘れ、申告・提出方法なども数分で読み終わる程度の文字量で紹介されていますので、参考までにチェックしておくべきです。もちろん更に詳しい情報を入手したいと思えば、改めてweb検索すればいいのです。最近では比較やランキングなど、数多くの保険関連サイトが存在していますからね。

ちなみに<生命保険料控除の申告をしましょう!>では、主に控除に関する基本的な事項が掲載されているため、生命保険や控除の仕組みが理解できていない人でも把握できるはずです。

カテゴリー: 保険 | コメントをどうぞ